North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. WORDS

色を帯びた桜の枝に


そろそろここらも三寒四温。
春らしい空気の緩みとともに、道なりの桜の枝が空を背景に、ほんのり色を帯びているのに気付く。



桜を使ってさくら色の染め物をするには、その黒い樹皮を使うのだそうだ。
小さい頃、あたしは教科書でその話を知った。

皆に愛でられる花の色は、
途切れることなくおしなべて樹木脈管にかよっている。

この季節、さくら色の枝を見つけるたびに、
あたしはこの話を思い出す。



桜の花言葉は「精神美」。

根から幹から全身全霊をかけてこの色に染まってゆく。
それはこの樹の中から放たれる、生命そのものだ。

冬の間も休むことなく脈々と紡がれ、春には淡く紅を帯びた見事な花を次々に開かせる。
天災に見舞われようと、人の営みがどうであろうと、
ひとつひとつは小さいけれど、揺るぎなく花弁を重ね合い、有無を言わさぬ圧倒的な美をもって。



そんな花がいっぱいに咲き誇る季節に生まれたことを、あたしは毎年のようにしあわせに思う。
生きることを後押しされている気持ちになる。


今年もまた、確かに自分たれと。



WORDSの最近記事

  1. 七月十日、四万六千日。

  2. 色を帯びた桜の枝に

  3. Fall

MONTHLY