North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. SEASIDE

孤独の贅沢

いろいろありまして、この年末年始はロンリーに過ごしてます(笑)
オミクロンとかもろもろでね・・・代わりにこれからの生活を見据えて、ずっと整理整頓に専念してる!(大掃除もそっちのけで)

でもせっかくのお休み、初めての車検を通した愛車とちょっくらドライブに♡


「道志道」と「温泉宿」。道志道はクルマ好きの友人から教えてもらった、快適なドライブが楽しめるとウワサの山梨へと抜ける一般道なの。

で、今回のテーマは「孤独の贅沢」。となれば相棒はこんな本に決定! 昔買ったまま本棚のお飾りになってたやつ。


あたしは基本単独行動派。それが一番効率的でスピーディーってことと、ひとりでなんでも一通りこなすトレーニングの意味もある。

それとね、なんだかんだ言って、誰もいない瞬間ってある意味贅沢だったりするんだよね。ひたすら自分でいる時間。

旦那さんとは融け合いすぎて、個を忘れるっていうか、一緒にいると失いかけることがあるの。それは本意じゃないっていうか、だからこそ時々意識して戻す時間があたしには必要なのかなって😉
彼もそこはよく分かってくれているみたい!?(たぶん)


さて、下道の20号はいつも渋滞でどハマりする因縁のルート・・・お宿に早く着きたいんで、今日はおとなしく中央道を使いました(笑)

八王子から16号を南下する予定を変えて、もう少し先からようやく高速を降り、いよいよ道志道(413号)へ。
お天気も最高!! 寒いのを除けば❄


こんな山々の間を、信号なしに延々と様々なパターンのカーブが続いてく! 西向きの道だから夕日が相当眩しいな~~~💦 もうちょっと早い時間に来た方が安全だったね。


紅葉の時期もよさそうだね。少しだけ黄葉の木々が。
でも、思ったより山道多くない!? 道志道。別に山道を攻めに来たわけじゃないんだけどな~💦


道の駅どうしでひと休み。また西にひたすら走って、そろそろ太陽が沈みかける頃、富士山が現れました!!

道志道を抜け切ると山中湖。湖畔を経由し138号御殿場箱根へ。

富士山は、湖畔と138号に入ってから白い肌がより映えて綺麗だったな~。今日は時間がないから明日に譲るけど。暗くなってからの山道は嫌だから急がなくっちゃ!


げっ、外気温1度!?

山道をくねくね登っているうちにいつのまにそんな気温に。。。ホント先行して雨降ってなくてよかったわ。そしたら路面凍結しそう。

結局寒いから今日はまったくオープンにできなかったな~。


17:30頃到着!! 本日お世話になるのは三河屋さん。年末に思い立ったとき、一部屋だけ空いてたの~✨ 風情あるレトロな建物の佇まいが素敵♡


今日の相棒は、ウェディングでシャワーコーンを入れていたオリエラのトランク。まだ ”Confetti” のウッドプレートが付いたままです😆
秋冬でも、ストールとかファーを巻いてラタントランクを1泊旅のお伴にすることが多いかな。

あとはいつものDENKI BARI BRUSHと、Velnicaのマルチリボンストライプのインナーバッグ。ヘアアイロンも小さめのを持ってきてます。


だいぶ遅くに到着したんで、ひとっ風呂楽しんだら早速お夕飯!!
至れり尽くせりの前菜とお造り♡ ドライアイスの煙は、富士山の雲海を表現しているんですって。

場所柄、海の幸・山の幸どちらもうまうまです✨ ひとつひとつが丁寧に美味しい。
サッポロの限定ビール、絹のような舌触りの泡に体に溶けていく淡い濁りの白穂乃香も、今までにないくらい美味しい。

特に感動なのが、フォアグラのフランバルサミコソースがけ(中央白の四角い器)。なんかね、葡萄ソースをかけたチーズケーキみたいに美味!
臓物系キライなのよ、フォアグラも。でも美味しいと食べられるのよね~、不思議よね~。


えっ、これ一人分!? 食べられるかな?
名物の米麹・甘酒鍋。豚さんは箱根で育ててるんだって。地産地消だね!


ぺろりと平らげた挙句、ゴハンも食べちゃいました。だって箱根豚だけでなく、香の物(鮭ほぐし・青菜漬け・ちりめん山椒・柴漬け・昆布旨煮)すべて美味しいんだもの! どうしよう(笑)


グループ施設の浴場も楽しめるプランなので、食後の(微々たる)カロリー消費にと、近くの天悠へと坂を勢いよく上って行ってみました。着く頃には心臓バクバク、ふぅ~~~。


そしたらね、入り口の上には満天の冬の星座たち!!
でもやっぱ写真にはうまく撮れないね~💦

カロリー消費はついでとして、ここは日ごとに2つの露天風呂が男女入替制になっていて、明日は「浮雲の湯」に女性は入れないの。だから今夜のうちに楽しんでおこうって思って。

目の前には夜空よりも深い蒼の山腹が広がり、湯面に雲海のような湯気が立ち上っては、山間の冷気に呑み込まれて消えていく。幻想的な露天風呂でした。。。


たっだいま~! ゆったり浸かれて楽しかったな~~~✨
客室やお風呂は、施設の公式サイトを見てみてね。


好き過ぎてうかつに使えず、ずっとしまってあったシルクのパジャマも、今日くらいいいだろう!と持ってきました(笑)

しばし本を読みつつ、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしまぁす✨

SEASIDEの最近記事

  1. 新年の芦ノ湖スカイライン

  2. 孤独の贅沢

  3. 人生の休日③イストラ半島を訪れて

  4. 人生の休日②ブレッド湖とポストイナ鍾乳洞

  5. 人生の休日①スロヴェニア入り

こちらもオススメ

MONTHLY