North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. SEASIDE

こだま千本桜~長瀞ドライブin埼玉

予想のはるか斜め上を行く世界情勢の変化に伴い、石油や電力などエネルギー資源はしばらく不安定になりそうだね・・・。

”自由” を何よりも大切に生きているあたしは、当然のことながらStand by Ukraine。国際的に認められている独立国家の主権と人命が、身勝手な論理と武力で蹂躙されるなど、けしてあってはならないことです。
経済制裁は絶対にしなくてはいけないし、する側にとっても自らの身を削りながら長期間取り組む覚悟が必要でしょう。

小さなできることのひとつとして、資源節約のため今年の桜ドライブは自粛することに。

代わりに先日バイクシェア 帰国時の旦那さん愛用サービス)で、23区内を20kmも爆走しながらあちこちお花見してきたよ!

あと、過去の桜ドライブ写真を整理したりしてる。
そんな中から素晴らしかった春の景色をシェアするね♪

懐かしの長瀞(ながとろ)

ご紹介する桜ドライブは埼玉県・長瀞周辺。まだ20代のころ、初代オープンMGFとともに秋の紅葉ドライブに行ったきりのエリアだったの。当時試験に落ちた元彼を元気づけるために誘って(笑)

そんな想い出もある長瀞、何年か前に今のクルマで再訪していました✨


だいたいGoogleマップに ”桜名所” ”〇〇県” ”観光” って感じで打ち込んで洗いざらいスクリーニング。その中から現場写真と口コミでピンと来たところを繋げて、ドライブルートを構成してる。

埼玉県の桜ドライブなら「こだま千本桜」は外せない!! 次点「法善寺」、最後に「美の山公園」。夕方に用事があったので、約半日のコンパクトコースね。

海外旅行を計画する時と同じで、好きなところを出来る限り効率よく、オリジナルに組み立てて周って来るスタイルです。

こだま千本桜

関越道をぶっ飛ばし、花園ICで下道へ。ここからR254で北上しJR児玉駅から徒歩20分の位置にある、こだま千本桜を空気のきれいな午前中のうちに目指します。

途中の道にも、あちらこちらでお花満開!
いいねぇ~~~✨


小山川沿いの砂利道に入ると、河川敷両側にずらーっと桜が並んでる。。。まさに ”千本桜” の名に恥じぬ見事な景色です!!


この時は人が少なく、小山川南岸の道路を車でお花見しつつ走れたけれど、混雑具合によっては徒歩だけになるのかも?


結構な距離を、オープンでゆっくり走りつつお花見♪
お天気もよくって最高!!!

間瀬ダムを彩る桜

陽射しが強いので幌をクローズして、次の目的地に向かい山間のR287を走り抜けます。

途中右手に間瀬(まぜ)ダムがあり、そこをポンポンとリズミカルに彩る桜がとってもチャーミング。思わず目を奪われちゃった。

でも道路幅が狭いため停車スポットが少なく、写真は撮り損ね💦

桜でも紅葉でも、新緑の季節でも美しいようです! 次に立ち寄った時には絶対に撮るぞ~。

気持ちいい山間を抜けるワインディング

法善寺のしだれ桜

そして・・・長瀞の法善寺に到着。
期待を遥かに凌駕する、見事な枝垂れ桜の饗宴😍✨


駐車場はまだ序の口で、お庭は枝垂れ桜でいーーーっぱい。


さまざまなピンクの濃淡が重なり合い、まるで春の訪れへの歓喜をそのまま具現化したようです。


驚くことに、まだまだこれから咲こうという枝がこんなに控えてる! 天晴れな枝垂れ桜たち、存分に堪能させて頂きました✨

ランチはお蕎麦♪

この期間はお店がどこも閉まっていて、長瀞駅近くで唯一開いていたとらやさんへ。


名物の四汁そば。Googleマップの口コミには随分きびしい意見があったけど、確かに量は少なめながら、なかなか美味しいと思ったよ♪


こんなぽかぽか陽だまりの、のどかな縁側のお席でゆっくりいただきました✨ 居心地よかった~。


さぁ! 食後の腹ごなしに、川沿いの桜並木を見にいこっと。

荒川ライン下りで有名な長瀞、昔紅葉狩りで来たときも、確かにこんな青銅色の水が印象的だったよなぁ。

井戸の桜並木

長瀞駅近辺の見どころは、こんな配置なの😏


とらやさんの隣に車を停めたまま、井戸の桜並木を歩きます。


両脇に立派な桜の木が立ち並びます!

この桜並木だけでなく、駅周辺の桜も、何故かやたら花の付きがいいのよ。これでもかってくらい密度高く、手毬のような花をつけている枝。

もの凄く重量感ある、鈴なりの桜(笑)


並木散歩を途中から折り返して駅に戻ると、車をオープンにして最後のスポットへ。

途中の山道でも、桜のトンネルに遭遇。
ため息出ちゃう♡

美の山公園から眺める春

蓑山(みのやま)の頂きに整備された美の山公園。広い無料駐車場があります。


淡い花房の合間に小さく覗くクルマたち。開放感いっぱい!


まさに春の山だねぇ。。。ところどころに見える桜色の他に、一体どれだけの色が隠れているんだろう?

こんな四季折々の色のモザイクを見るたびに、日本の伝統色大辞典からひとつひとつ、ぴったりの色の名前を抜き出してみたくなります!


素敵な景色をありがとう埼玉。また遊びに行きたいな✨

SEASIDEの最近記事

  1. our honeymoon period

  2. こだま千本桜~長瀞ドライブin埼玉

  3. 人生の休日⑥意志を持つ街ドブロヴニク

  4. 人生の休日⑤アドリア海岸の町をゆく

  5. 人生の休日④精霊の棲むプリトヴィッツェと古都シベニク

こちらもオススメ

MONTHLY