North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. MEDICAL

新型コロナにも薄毛にも!Keyミネラル亜鉛

ようやく新型コロナの予防や後遺症において、亜鉛は大切✨みたいなことが言われ始めた今日この頃。

うう~ん栄養診ている立場からすればさ、論を待つまでもなく至極当たり前っていうか、まったく特別なことではなくてイマサラ感半端ないけど。。。

それに、亜鉛さえ摂っておけば大丈夫かっていえば、そう単純なハナシでもないし!

体の中で起こることって、その人の体質から何年にもわたる生活習慣から、仕事のストレスや年齢まで何から何まで合わさっての結果なんで、そう簡単にいかないんだよね😉

亜鉛のいちばん大事な役割

亜鉛は、からだの中の様々な酵素の核を成す微量ミネラルのひとつで、中でも大切なのが ”DNAの複製細胞分裂” に関わっているということ!


新しく細胞が生まれる時には特に欠かせないミネラルってわけ。お肌のターンオーバー、キズが治る時、運動後に筋肉が再生され回復する時、毎日古い細胞が新しい細胞に置き換わり臓器や組織がメンテナンスされる時・・・亜鉛は必要不可欠な役割を担っています。

こんな時は亜鉛不足を疑うべし

✔ 肌荒れ、唇荒れ(カサカサやヒリヒリ)
✔ 傷が治らない、治るのが遅い
✔ フケ
✔ 薄毛
✔ 胃痛・下痢・もたれなど胃腸障害
✔ 味覚・嗅覚障害
✔ 疲労感
✔ 病気をしやすい
✔ 感染しやすい
✔ アレルギー症状の悪化
✔ 不妊
✔ 精神障害
✔ 成長障害(こどもの場合)

太字の症状は特に亜鉛不足っぽい!

亜鉛が足りないと、体のメンテナンスや回復がうまく行かず、疲労が蓄積します。亜鉛不足のままストイックに筋トレとか、むしろ有害でしかない(でも結構いる…その理由は後ほど)

本来ならピチピチ元気な細胞がはたらくところを、傷付いて古くなってガタのきてる細胞がなんとかやりくりしている状態なわけで、そりゃ調子悪くもなるよね~💦

脳も神経細胞の集合体なので、同じように亜鉛不足ではまともにはたらけなくなっていきます。

皮膚・粘膜・髪、そして赤ちゃん

生まれ代わりのスピード(ターンオーバー)が早い皮膚・粘膜・髪は、特に亜鉛不足が分かる部分!

皮膚や粘膜が弱るとバリア機能が低下し、外部からの刺激やアレルゲンに弱くなってしまいます。

粘膜組織の代表は消化管。胃腸がもたれる、下痢をする、などは亜鉛不足の代表的な症状ね。
その他の粘膜組織でも柔軟性と潤いが低下するため、のどの渇き・のみこみづらさ、目の粘膜(結膜)陰部などにもヒリヒリ・カサカサする治りづらい症状が出ることが。


ヘアカラー後の頭皮の痛みや痒みは、確かに薬液の刺激のせいもあるけれど、本当に健康な頭皮にはそういう症状は起こりにくいんだよね~。頭皮が弱い人は、亜鉛をはじめとしたミネラル系が足りないことが多い。

毛髪は、毛母細胞がどんどん分裂したあと、細胞そのものは死んでその骨格(ケラチン蛋白)だけが残って体外に伸びていったもの。当然ながら、薄毛に悩む人の多くは亜鉛不足です


健康な精子の産生にも不可欠だし、なんたってひとつの受精卵からすごい勢いで細胞分裂を繰り返し大きくなっていく赤ちゃんは、亜鉛なしには成長できない!

お母さんの栄養状態は、そのまま赤ちゃんのからだや脳の発達に直結します✨

新型コロナと亜鉛の関係

新型コロナウイルスSARS-CoV-2)は、細胞に発現しているACE2受容体に結合するところから感染がスタート。感染した組織を破壊するスピードが速く凄まじいため、結果炎症反応も強く起きます。

これとはまた別経路で、組織の炎症を増幅させるシステムもはたらくことが分かっています。新型コロナの怖さは、この激烈かつスピーディーに進行する炎症反応の暴走(サイトカインストーム)だと云われます。

新型コロナウイルス有識者会議 平野俊夫


このACE2受容体はほとんどの組織に発現しているため、新型コロナの症状は多岐にわたるけれど、中でも血管、消化管、呼吸器ではACE2受容体が多く、より症状が強く現れることに。

血管で炎症が起きれば血栓症、肺で炎症が強くなれば呼吸不全という致命的な合併症を引き起こします。

壊れ方が酷ければ、回復も悪くなる・・・
そこに、亜鉛も足りていなかったら?

なんとなく皆さんも察しがつく通り、重症化と致命的な合併症、後遺症がさらに増えるわけです。

味覚障害と嗅覚障害

命と直結はしないけれど、後遺症として残ったら生活の質が下がることは間違いない、味覚障害と嗅覚障害。新型コロナウイルスの最初の侵入経路である、鼻咽腔・口腔・咽頭などにある細胞のひとつですね。


舌の粘膜にある味蕾細胞(味を感知する細胞)は、約10日間で生まれ変わる、ターンオーバーの早い組織。皮膚の再生と同じように、基底膜と呼ばれる部分から新しい味蕾細胞が毎日分裂生産されています。この味蕾細胞には、脳から直接感覚神経が繋がっており(いくつかの脳神経)、味の情報を大脳に伝えています。

また、嗅覚も味覚と似た構造をしていて、鼻の奥にある嗅神経(脳神経のひとつ)の先端には、匂い物質をキャッチする嗅細胞が付いています。嗅細胞も、味蕾細胞のような再生能力を持っています。

味覚も嗅覚も、表面の細胞には再生能がある一方で、これに繋がる脳神経の方は、一度壊れてしまうと再生できない神経です。

傷害性の強い新型コロナウイルスに侵されると、この再生能のある細胞が死んでしまったり、さらに深部の回復不能な脳神経レベルまで壊されてしまうことがあるのね。


だから味覚障害や嗅覚障害が出やすいし、その回復も難しいケースがある。亜鉛不足があればさらに事態は深刻。

亜鉛不足の人は、年齢や基礎疾患問わず、健康とされている人の中にもしばしばいるからね。


したがって、感染予防と感染時のダメージを最小限に抑えるには、①もともとの粘膜を丈夫で免疫力が良好な状態に保つ ②傷害を受けた時の回復力を常に維持しておく というのが根本的な対策です。

つまり、亜鉛不足のない状態にしておくことが、新型コロナ対策にはとても大切

そして、粘膜の健康維持と免疫を担うビタミンA丈夫で厚い粘膜組織をつくるための蛋白質・鉄・コレステロール、その他免疫に関わるビタミンC/B群/D損傷ダメージを抑える各種抗酸化物質・・・などなど、できる限り栄養は総動員してよい状態に保っておくにこしたことはないんだよ!

栄養面での新型コロナウイルス対策

  まず亜鉛
  鉄
  蛋白質
  ビタミンA
  ビタミンC・B群
  ビタミンD
  各種抗酸化物質

亜鉛はどこから摂ればいい?

それでは、亜鉛をどう効率的に摂るかについてまとめます!

動物性蛋白質が有効

日常的な亜鉛の主な摂取源は肉類・レバー牡蛎は亜鉛が多くて有名だけど、年中食べるものでもないからね。そのほか多めなのはシーフード類や、穀類ナッツ類

亜鉛をしっかり摂るには

  肉類・レバー
  牡蛎
  胚芽付き穀類
  (全粒粉、オートミールなど)
  ナッツ類

  ……いろんな食材をまんべんなく摂ることもすごく大事

でも、ベジタリアンの方はちょっと注意してね。

穀類はフィチン酸っていう、ミネラルを吸着して吸収を阻害するキレート成分も多く含んでいるし、健康によいとされる食物繊維も、コレステロールやミネラルの体内吸収を抑えて便と一緒に排出するはたらきを持っている。


やっぱり、動物性蛋白質に含まれる亜鉛や鉄(ヘム鉄)の方が、菜食よりも効率よく体の中に入るんです。

ビタミンB12も動物性蛋白質に多く含まれているし、コレステロールは低過ぎる(総コレステロールで170以下)場合も健康を害するので、それも一緒に摂れる動物性蛋白質を本当は食卓に加えて欲しい!

ど~~~しても食べたくないなら、必ずサプリで摂るようにしてね😣

ベジタリアンで不足する栄養素

  鉄・亜鉛・銅
  コレステロール
  ビタミンB12

筋トレマニアにも起きる亜鉛不足

でもね、ストイックな筋トレマニアで、がっちり鶏胸肉とブロッコリー食べて、プロテインがんがん飲んで… っていう人にも、亜鉛不足は起きるんだよ!

この場合は、亜鉛は肉の中でも牛肉に多く、鶏肉ばかりでは摂取効率が悪いこと、全粒穀類やナッツなどからの亜鉛摂取の補強がないこと・・・が主な原因です。

あと、食材の種類が少ない(ビタミンの偏り)、脂質をカットし過ぎている(脂溶性ビタミンの不足やコレステロール不足)、亜鉛不足のせいで消化吸収力が低下(そして亜鉛吸収がさらに悪くなるという悪循環)したり、ビタミン・ミネラルの不足で代謝そのものがうまく回らないといった問題に。

食事の代わりにプロテイン(加工食品)を多用しているのもよくありません。あくまでサプリメントは食事で摂りきれないものを補うためのものであって、食事の代わりには絶対ならないからね!


実際に食べているものと採血データを照らし合わせると、決まったものばかり食べていて ”食材の種類” が少ない人、加工食品が多い人は、亜鉛が不足しやすい傾向にあります。健康に意識が高い人でも、体にいいと言われている食材しか摂っていなかったり、サプリで補っていれば大丈夫だろうという思い込みがあると、亜鉛は不足します。

トレーニングは正しく栄養を摂ってこそ!!

この筋トレマニアさんには、食事の見直しと、亜鉛その他のサプリを処方し、すごく体が楽になって睡眠の質も上がったと喜んで頂きました♡

亜鉛が足りないだけなのに!鉄欠乏症状

亜鉛と鉄はどちらも動物性蛋白質に多く含まれるので、その摂取が少なくて両方とも不足になっちゃってる人が多いんだけど、たまに「足りないのは亜鉛だけなのに、典型的な鉄欠乏症状が出ている」人もいます。ヘモグロビン低値とか、寒がりとか。

鉄欠乏②いろんな症状とその原因を徹底解説!

亜鉛と鉄は共同してはたらいている部分も大きくて、鉄が足りていても亜鉛が少ないだけで鉄欠乏症状があらわれたりするんだよね。

それと、鉄・亜鉛・銅あたりのミネラルは互いに競合して体内に入るので、例えば鉄サプリをずっと摂っていたらそのうち亜鉛や銅が不足してきた・・・なんてコトも。

ミネラルは奥が深いです!

美容と健康に欠かせない亜鉛

亜鉛の大切さ、分かってもらえたかな?

もし亜鉛が不足している場合は、食事からだけではなかなか回復できないので、ぜひサプリメントを使ってみてね😉✨
3~6カ月は最低でも必要なことが多いです。亜鉛関連の症状が十分改善してきたら一旦OK。

そしてもちろん、食事の改善は ”かならず” してね~~~!

個体によって状況はさまざまだから、本当に困っている人はぜひ採血をもとにした栄養療法を受けてみてね!
特に、鉄欠乏・薄毛・ニキビ・不妊・その他不定愁訴・アンチエイジングにはおすすめだよ✨

髪伸びました♡ 亜鉛パワー(笑) 

MEDICALの最近記事

  1. 初心者さんにも安全・安心♪わきボトックス

  2. 新緑の表参道

  3. 栄養療法、亜鉛を例に数字のハナシ。

  4. 新型コロナにも薄毛にも!Keyミネラル亜鉛

  5. 肉体改造ラスト3カ月でやったこと

こちらもオススメ

MONTHLY