North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. SEASIDE

ブラジル⑤レンソイス国立公園:白い砂丘と青いラグーン

Wed, 9 Aug 2017
1 ボートで小レンソイスへ
  1.1 足跡のない黄色い砂丘
  1.2 マンダカルー漁村
2 絶景の大レンソイス
  2.1 船と4WDを乗り継いで
  2.2 白と青の世界
  2.3 ラゴーア・ペイシェを目指して
  2.4 夕景のレンソイス

ボートで小レンソイスへ

バヘイリーニャス Barreirinhas のホテル・ムリチから、昨晩のレストランわきのプレギッサス川ボート乗り場へ。観光3日目は雲ひとつない真っ青な空。胸の高鳴る一日が始まる!

つい最近”屋根”がついたというスピードボート。これ、なかった時は小一時間、太陽から逃げ場なしの移動だったらしい……。

ブリチー椰子やアサイーの木を両手に眺めながら、びゅんびゅん風を切って暑さを飛ばし、まずは保護区の小レンソイスへ。

黄色い毛のPrego Monkey

河口付近で小レンソイス側に上陸すると、小さな猿が総出でお出迎え。30㎝の距離まで近づいて、エサ欲しがってぴょんぴょんジャンプ!

足跡のない黄色い砂丘

ひとしきり猿と戯れてから、まだ誰も足跡をつけていない砂丘へ。

朝日にイエローベージュの風紋が浮かび上がる。

レンソイスの砂丘は、石英の粒が河口まで運ばれ、同じ重さの結晶が集まって堆積したもの。小レンソイスは白い石英の粒と、同じくらいの質量の砂の粒とが入り混じっているから、こうして黄色みがあるんだって。

輝く砂丘の向こうには、風力発電の風車が並んでいます。今年から稼働したばかり! 少しでも停電が減るといいよね。

マンダカルー漁村

そのまま対岸河口近くの漁村マンダカルー Mandacaruへ。船着場から小さな村の中を通り抜け、のほほーんとした顔のロバに御挨拶。

176段のしましま灯台をてっぺんまで上ると……


わーお。

海辺育ちで見慣れてるあたしでも、
これにはため息が漏れちゃう。
気っ持ちいいーぃ。

向こうには輝く小レンソイス。
風が心地よく頬を撫でていく。


通り沿いにはアイス屋さんや、屋台みたいなお店。民芸細工のお店で、モダンな色彩のアサイーのランチョンマットを購入。

まだ半日だというのにたくさんの絶景を目の当たりにして、感動を胸に一旦バヘイリーニャスへ。

ランチはやっぱり小海老
ライムを絞ってごはんと合わせると
爽やかですごく美味しい♪



このあとはいよいよ……
大レンソイス Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses !!

1

2 3

SEASIDEの最近記事

  1. Bravo, Cabriolet!

  2. 真夏の夢のリヴィエラ⑥ルネサンス絵画の殿堂ウフィツィ

  3. 真夏の夢のリヴィエラ⑤1日だけのフィレンツェ

  4. 真夏の夢のリヴィエラ④チンクエ・テッレの1日

  5. 真夏の夢のリヴィエラ③ヴィルフランシュ=シュル=メールから鉄道の旅へ

こちらもオススメ

MONTHLY