North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. SEASIDE

人生の休日⑧カプリ島とポンペイの遺跡

Mon, 13 Jun 2011
1 ”地中海の真珠” カプリ島
  1.1 エメラルドグリーン&レモン
2 イタリアン満喫
2 ポンペイの遺跡
  2.1 2度目の虹

”地中海の真珠” カプリ島


ティレニア海に面する(遠くからみたら)美港のナポリをあとに、一路海の上を高速船で45分。
地中海の真珠と名高いカプリ島 I.di Capriへ。

タクシーはオープンのFIAT。島内を山越えするのに車を使うんだそう。シンプルでしゃれた雰囲気のフィアットはカプリにとても似合ってる!

にぎやかな美港マリーナ・グランデ


青の洞窟に入れるのはほとんど早いもの順ってことで、我ら日本人チームはみな動きやすい服装で酔い止めも内服、一致団結して万端の準備。

お天気がどうであれ波が荒れていれば入れず、それは早くても海をわたる途中でしかわからないのだそうだけど・・・


あうっ、今日はすでに中止!!!

各国の言葉でアナウンス


中止を何より残念に思っているのが収入が欲しい船頭さんで、彼らが中止と決めた時は本当にどうにも無理なんだって・・・💦

なのでかわりに、中型船でカプリ島をミニクルーズ

エメラルドグリーン&レモン

切り立った岩肌に海鳥たち


海の侵食でサンドベージュとグレーの入り混じった独特の岩肌があらわになっているカプリ島。
断崖の途中にはカモメたちの巣、そしてセレブの別荘がいくつも張り付くようにして見える。

ローマのティベリウス帝も、2000年も前にこの島に別荘をたてたそうだ。

鍾乳石が垂れ下がる白の洞窟、赤いフジツボの付いた赤の洞窟、そして鮮やかなエメラルドグリーンの緑の洞窟

緑の洞窟もこんなにキレイ!


青の洞窟に入れたとしても、中型船から小型ボートに乗り換え待ちで、ひどい時は3時間暑い海上で待つこともあるそう。それでも年々、夏でも入れる確率が下がってるんだって。

だったらこんな代わりのクルーズも悪くないかも!

ついでに欲しかったものを買い足し!

リモンチェッロリモンボンボンリモンソープ♪

イタリアン満喫

ナポリから見るヴェスヴィオ火山


レモンシリーズを手にほくほく顔でナポリに戻り、東南30kmに位置するポンペイへ。

遺跡ツアー前に、人気のレストランでイタリアンの昼食。
シーフードリゾットにはじまり、追加で頼んだピッツァ・マルゲリータ、フライにケーキにエスプレッソ・・・

美味しくってみんな食べる食べる


いやぁ、毎度のことだけど、イタリアの食事ってホント美味しいね♥

これじゃそこらで見かける子供たちみたいに、皆ぽっちゃりになるよ。だってこんな美味しいもん並べられたら、絶対食べちゃうもん!😫

ポンペイの遺跡

熱射地獄の遺跡めぐりは傘が大活躍(日本人だけ)


紀元79年夏、ヴェスヴィオ火山 Il Monte Vesuvioの噴火で一瞬のうちに埋もれ時が止まったローマの街・ポンペイ Pompei。小さい頃、小学館の事典か何かで読んだよなぁ。

現在休火山だが、約100年に一度噴火しており、最終噴火は今のところは1944年。

現在残る石畳は紀元前のもの


かつて事典で見てショッキングだった、灰に埋もれた人型展示も健在。

苦しそうな格好が切ない人型
修復作業かな?


彫刻の残る風呂は男性は水風呂含めて4つ、女性は3つの部屋で成っており、これらを建築した人物の残したパピルスの設計図が残っていて、その詳細がわかったのだとか。

パン屋さんでは石臼と窯、売春宿では言葉のわからない外国船の乗組員を相手にするため、壁の絵があった。(指で指して希望の行為を選んだそうだ)

壁の絵を指さしオーダー


ちなみに富裕層であったポンペイの市民は、売春宿にいかなくても奴隷がその相手だったそう。ローマの遺跡を見てると常に売春宿の話が出てくるけれど、ここポンペイは特に視覚的にリアル!

生殖の神プリアポスの絵だとか(ガイドに載ってる小さな写真だけでもう十分て感じ)、売春宿への地図代わりに石畳の一部に描かれた男性のシンボルがあったり、わかりやすいっちゃわかりやすいけどね。

でっかいレモンのチェドロは皮も一緒にサラダに


そして暑さたまらず、レモン・グラニテをすするあたし。
は~生き返る・・・。

さっきあれだけ食べたのに、また食べてしまった。

2度目の虹


宿への帰り道、バスから山を眺めていたら虹が!

天に見守られている!?


旅の始まりにも、前半ツアーの終わりにも虹が見れちゃうなんて、なんか一層幸先いい感じ・・・


スロヴェニア・クロアチア・南イタリアと、前半のランドオンリーツアーをともにしてきた仲間とは、ローマ郊外・フィアノロマーノでのホテルディナーを最後にお別れ。

はじめてあった日にはピリピリしてなんだか怖かったセレブ風なおば様とも、最後には仲良くなって「気をつけるのよ!」と激励のハグ。
年齢的に娘世代と重なるようで、皆様に可愛がってもらいました😆


明日からは2日間のひとり旅がはじまる。

ランドオンリーとオープンジョー
3週間で7か国を巡るこの旅は、オーストリア航空のオープンジョー(乗り降りする空港が異なる)と夜行列車移動に、前後半2つのランドオンリーツアー(既成の日本発着ツアーからフライトを除き現地で参加)を繋いでいます。

成田→ウィーン経由→リュブリャナ
  ↓
 【ランドオンリー①】
  スロヴェニア・クロアチア・南イタリア周遊
  ↓
【寝台列車】ローマパリ
  ↓
 【ランドオンリー②】
  北フランスとパリ周遊
  ↓
パリウィーン
  ↓
経由地ウィーン滞在
  ↓
ウィーン成田 Goal!!

SEASIDEの最近記事

  1. NEW YEAR in Vietnam②チャム族の文化とランタンの町ホイアン

  2. NEW YEAR in Vietnam①雨のダナンで

  3. 3度目のスペイン⑦モンセラット黒いマリア様のもとへ

  4. 3度目のスペイン⑥再訪!サグラダ・ファミリア&カタルーニャ音楽堂

  5. 3度目のスペイン⑤モデルニスモとゴシック地区

こちらもオススメ

MONTHLY