North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。

  1. LIFE

MIRROR MIRROR表参道(2回目)

2020/10/28  ミラーミラー表参道 

時間のなかった初回で、唯一試したKristelが不発に終わったMIRROR MIRROR表参道。なにせ提携ドレスショップなんで、ここで決められたらお得なこともたくさんあるんだよね。気を取り直して、今日はリベンジ!

仲良しになった担当Mさんときゃあきゃあ盛り上がりながら、イネス・ディ・サントエンゾアーニテンパリー・ロンドンと、旬なインポートものを次々試着していきますよ~♡

INES DI SANTO Fae

ネット検索で一目見て可愛い!と胸がきゅんとした、ピンクのリボンのオーバースカート付き2wayレースマーメイドFae。母娘デザイナーが生み出すイネスディサントのドレスは、着心地と女性らしい柔らかな曲線美の表現が卓越した、旬のブランドです。


わぉ♡ ラブリーなドレス!

袖付きデザインってこともあって背中はさらに閉まらないんだけど、それ以外の角度からのイメージは確認できた!


う~んフェミニンで可愛いんだけど、なんだろ・・・ウェディングドレスっていうより、普通のドレスっぽい。チャペルなんかには物足りないけど、ちょっとした邸宅ウェディングなんかにはしっくりきそうかな。。。

肩がキャップスリーブだから肌見せも少ないし。地の色がモーヴピンク系なのも服っぽく感じる一因かも。
2WAYとは言っても、マーメイドのみだと地味だから実質スカート付でしか使えない?

よく見ると、胸元中央のスリットも縫われて消えている。インポートドレス “あるある” だよね。
花嫁にセクシーさは不要とされ、コンサバが好まれるっていう・・・そのままのデザインの方が素敵なのに!


でもアンティークピンクのリボンやっぱ可愛いな✨
Mさんが編み下ろしにしてくれた髪にも似たようなリボンを編み込んで、イヤリングもベストマッチでしょこれ!

この日つけたアクセサリー♡

ANOMI COUTURE AC2015

情報があまりないけれど、ニューヨークのブランドANOMI COUTURE。ビーズ刺繍がきらきらして素敵なドレス!


夕方からのウェディングだし、こんな✨キラキラ✨もナイトっぽくていいね!!


ひとつひとつ手作業で付けられているのかな。。。ウェディングドレスって本当に手が込んでいるよね。作る人も花嫁さんが綺麗に見えますようにって、思いながら一針一針進めるんだろうな。

フロアの上にふわんと重なるチュールもいい感じ。


でもあたし、ウェストでの水平くっきり切り替えは似合わない気がする。うん、そういうことだな!

ENZOANI MAYA

ひとつそんな発見をしたところで、切り替えなしの代表型・マーメイドに強いエンゾアーニ。このブランドは、どの部分が違うの?と分からないくらい、もの凄い数のマーメイドデザインを生み出していて、しかも量産型だからかプライスはリーズナブルです。

ミラーミラーで扱っていたのはその中でもオーソドックスなタイプのマヤ。珍しく13号トールサイズ!

MAYA


セクシーさが強調されやすいマーメイド&肌見せデザインだけど、シースルーに配置された白さ際立つレースのコントラストで清涼感や上品さが加わるね! Whiteカラーのドレスも思ったより悪くないなぁ。

ボディの生地は厚く硬めで、その分支えがしっかりしていてバストアップ効果大。

ただ13号だと楽に入る分、シルエットにいい意味での緊張感がない。ドレスって、ちょっときつめをタイトに着た方がカッコいいんだよね~💦


でもさすが、マーメイドらしいマーメイド。トレーン部分の美しさは素晴らしいです。
このスタイルの中では安全牌なデザインでしょう。サイズが揃っているのも安心感があるね!

Temperly London Francetta

ファッショニスタでもあるアリス・テンパリーのファッションブランド、テンパリー・ロンドン。ウェディングドレスも人気があり、細やかな手仕上げ、BOHO CHIC(ボヘミアン・シック)、どこかアール・デコの装飾を彷彿させるレトロな装飾が特徴です。

大好きなBOHOっぽいのから、ひとつくらい試してみよう!と選んでみたのがこちらフランチェッタ


・・・いいじゃん意外と!!

しっとりした髪型も合いそうだけど、こんなロックでファンキーな気分がマッチするのはやっぱ、Londonのブランドだから?

これ、なんと7号トールサイズなのよ。なぜ入ってるんだ・・・?

丈は問題ないし、伸縮性のよい生地がぴたっとフィットして、それで逆にいい感じに柄が映える。本来はゆったり着るデザインかもしれないけど、この方がいいよね。模様はレトロでヴィンテージっぽい雰囲気に。

合わせたイヤリングもぴったり!! 担当Mさんのコーディネイトセンス最高♡


とても手触りや落ち感がよくて、素材に妥協していないのがよく分かる。
こういった薄手ドレスにはヌーブラね。

背中は一応閉まっているものの、人目にさらすのがしのびないので、代わりにこちら!


いいでしょ~~~

前は水玉シースルーでデコルテちら見せしておいて、裏は大胆なオープンバック!

レースのピコットがどことなく鎧のスタッズ(鋲)にも見えて、一見ガード堅く見せてから後ろでドキッとさせるなんて、デザイナーの攻めの姿勢が伝わって来る。勢いあるブランドなのもうなずけます!


どれもまさにトレンド押さえたドレスばかりで目移りしちゃう。トールサイズも充実してたね!

けれどなぜか、これだ!!ってit dressには出逢えなかった・・・生地の上質さとか質感の点から見ると、全体的に若い花嫁さん向きのものが多く混じっているせいかもしれません。

Francettaが一番気になったものの、こんなに生地はコンパクトなのに驚きのレンタル48万(しかも取り扱いは7Tのみ)。次点MAYA29万(ただし13号)、Faeはオーダーレンタルしか手がなくその場合は59万。

価格帯は20-50万くらいだそうですが、いいなぁって思うものはやっぱり高め💦 T&Gブランドとしてのバリュー込み込みプライス、ということでしょうかね。

ドレス1着当たりのレンタル回数は5-10回程度で、インポートものはそもそも何度も着ることを想定されていないため、少なめになるとのことでした。

Francettaが気になっていろいろ調べてみたら、Beacon Dressというところでは半分ほどの額でレンタル(屋外撮影も可)しているよう。ただし試着は1回しか受けず、ものによって他店舗からドレスを取り寄せるための料金が別途かかるそう。また、小さなお店なので試着や連絡方法にも不便さはあるようです。同じドレスでもお店によって、条件や料金設定がかなり違うんだなぁと思いました。

ミラーミラー表参道の印象

様々なテイストでトレンドデザインを押さえているミラーミラー表参道。豪奢で広い店内にずらりとドレスが並ぶ様子は壮観✨ この天井の高い店内でドレスを選ぶ時間も楽しいし、アクセサリーも個性的なテイストで幅広く、おしゃれ花嫁さんなら必見のショップと言えるよね。

けれどブライダル大手のフラッグシップショップとあって、割高な印象は否めない。また、ドレスを傷めやすい屋外前撮りには貸出していないそうです。

ここだけのドレスやコーディネイト、条件が揃えば店内貸切の前撮りフォトシューティングなどに、納得のいく付加価値が見いだせるような出逢いがあるか・・・がポイントになりそう!



ここまで6店舗、いろんなパターンをみてきたけれど、気になるものはどれも一長一短あって、まだまだ決められそうにないよ。。。うぅ、どうしよう・・・。

LIFEの最近記事

  1. クリスマスシーズンの表参道🎄✨

  2. 比べて選ぶ、うちのごはん!

  3. our honeymoon period

  4. 最近はじめたLaxus & Burness Style

  5. 行きつく先はセルフジェル

こちらもオススメ

MONTHLY