North, South, East and West ーあたまの中を旅しよう。


  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  1. LIFE

都会の森林浴 in 南部TOKYO

コロナでジム閉まっちゃってるから、週1~2回、人が少ないところで速足ウォーキングしてるの。それでも今日は、自粛のゴールデンウィーク明け。少しだけ、この1カ月間…

  1. WORDS

色を帯びた桜の枝に

そろそろここらも三寒四温。春らしい空気の緩みとともに、道なりの桜の枝が空を背景に、ほんのり色を帯びているのに気付く。桜を使ってさくら色の染め物をするには、その…

  1. MEDICAL

誰でもできる簡単おうちダイエット飯

遠距離の新婚生活がスタートしたばかりの田路です。ほやほやの新妻としては、地球の裏側で激務をこなす旦那さんの体が何よりも心配。ところが栄養検査では驚愕の結果が………

  1. ART

アントニ・ガウディ

グエル伯と出逢っていなかったら、ガウディもこんなに後世に残る作品を造れなかったかもしれない。未完の傑作クリプタ、カサ・ミラにカサ・バトリョ、グエル公園。どれも細…

  1. ART

星で自分探しの旅。

この秋、個人的な執筆活動が終わりました。名作とされる長~い小説を懸命に読み、結局面白くなかったトラウマで読書習慣のない大人になってしまった私……そのくせ国語はい…

  1. ART

グスタフ・クリムト

19世紀末のウィーンで新しい芸術の波を先導し、多くの非難や中傷を受けながらも、みずからの表現を追求し続けたクリムト。時代の流れに敏感な人々の間で次第に好評を得る…

  1. MEDICAL

髪に効くのは“鉄・亜鉛”と“蛋白質”

わたしが一貫しておすすめしているのは、食事・運動・睡眠・ストレスの4本柱から立て直す、根本的な育毛治療。毛根・頭皮だけでなく、身体全体で育てるのが髪です。当然…

  1. WORDS

七月十日、四万六千日。

疾走するかのような3人の読経が、まるで絡み合う電気信号のように、空間に響き渡る。まだ無心のままで、何か具体的に思うわけでもなく、耳に入ると同時に両眼から沸く水の…

  1. SEASIDE

水平線の向こうで見えたモノ。

人生は旅だ、とよく思います。“イッテキマス” から “タダイマ” まで、いろんなことに出逢って知って考えて、経験が新たな視点を授けてくれる。だから旅はやめられな…

  1. ART

Natal Chartを読む:アスペクト(座相)

いろいろな感受点とサインが分かったら、お次はそのコンビネーションを観る……それがその人にギフトされた“不可侵の個性”や、よりよく生きるための“手がかり”になる…

  1. SEASIDE

もう一度草紅葉、初秋の奥日光へ。

知ってる? 草紅葉。紅葉の時期にひと月ほど先立って、見頃を迎える草原の紅葉。気付いたらなんと17年!! いつも気付くと終わっちゃってて……。でも今年はずっと狙っ…

  1. ART

Natal Chartを読む:ハウスの示す活動領域

あとは惑星とアスペクトがわかれば……Chartが読める! と、前回ちょっと勇み足(-_-;) その前に知っておきたい「ハウス(室)」のコト。12サインが分かれば…

  1. MEDICAL

髪に効くのは“鉄・亜鉛”と“蛋白質”

わたしが一貫しておすすめしているのは、食事・運動・睡眠・ストレスの4本柱から立て直す、根本的な育毛治療。毛根・頭皮だけでなく、身体全体で育てるのが髪です。当然…

  1. ART

Natal Chartを読む:10天体と感受点

12サイン、ハウス……と来たところで、3つ目はリーディングのポイントになる “感受点” のハナシ!小さい頃に理科で習った惑星が出てくるので、サインやハウスに比…

  1. MEDICAL

“天使の羽” 制作中。

ドレスも決まってひと段落!!!と思ったら、やることは次々やってきて、まだまだ落ち着く気配のない冬を迎えようとしています。どうして年末に向かう季節って、毎年こう忙…

  1. LIFE

週1で栄養補給に通う店

コロナにも負けず、バイト先はず~っとオペ大繁盛。でもランチだけはしっかりとらせてくれるのがホントーに助かる……手術を巻いて片付け、一目散に向かうはしゃぶ葉!…

  1. MEDICAL

本気モードの秋。

皆様、おひさしゅうございます。この2カ月、増えてきた仕事に並行して、本気のダイエットを敢行しておりました。そしてとうとう、ドレス試着がスタート!!なにせ普通と…

  1. ART

Natal Chartを読む:黄道12宮のサイン

”生まれた時と場所が運命を決めるのではなく、適した時と場所を選び、それは必然で産声を上げる” どこで見たんだっけ、まさにそうだよねぇと唸ったこの一文。生まれ…